アビタコロのコンセプトは『日常に寄り添う非日常』です。

 

 

 

 

[日常に寄添う非日常】

 

 

それは、これまでもずっとそこにあった様な

これからもそこにあり続ける様な

少し特別ないつもの毎日

 

 

 

南大阪で農業を営む人達からすれば、野菜や果物を作る事はごく日常のこと。

でも、大阪市内で生活し働く人達にとっては、南大阪で野菜を作っている事さえ非日常のこと。

そんな隣合わせな日常と非日常を繋ぐ『交錯点』で在りたいと、私達は考えます。

 

では、どうしたら『交錯点』になり得るのでしょうか。

それが、ABITACOLOのテーマになりました。

 

まず、仕入れルートの確保。これは"道の駅かなん"様を通して生産者の方々との繋がりを築いていく事となりました。

提供方法については、一般的な飲食店と同じく実店舗での販売をメインとし、

月に一度のペースで野菜の直売会を行う事としました。(現在休止中)

 

また、野菜以外でも河南町に工房を構える"KINAOSHIMOKKOU"様の皿を中心とした工芸品の展示販売を行います。

 

こうして、これまで非日常にあったモノ達がお客様の日常になっていく。

これが私達ABITACOLOの考える日常に寄添う非日常です。

 

 

 

これまでもずっとそこにあった様な

これからもそこにあり続ける様な

少し特別ないつもの毎日

 

 

ABITACOLOはBruno Munariの子供用組み立て式家具の名前で 直訳するとコックピットの意味となります。
 
セスナなら、操縦桿や計器が装備されたパイロットの場所。 
ジェット機なら、もう少し広い空間の操縦室。 
自動車なら、どんな車種でも、人を乗せる空間。
宇宙船なら、宇宙飛行士が生活し飛行を制御する空間のこと。 
そう、アビタコロとは、本質的なサイズの居住可能空間のこと。 
喩えるなら、秘密の隠れ家、 その人の世界を形作るすべてのものが置かれた内的な場所。 
アビタコロ 
ミクロコスモスのコンテナ 
プラスチックスチールの胎盤 
瞑想の場所 
そして 
好きな音楽を聴いたり 
本を読んだり、勉強したり、 
人を呼んんだり 
眠ったり 
軽く、透けて
閉めることだってできる
みんなのなかの隠れた空間 
わたしひとりの秘密の空間 
その佇まいを見れば装飾なんていらない
ホコリの居場所なんてない 
最小で最大 
製造番号の限られた 
アビタコロは
住む人の個性にあわせて 
いつでも変身する                                                                                                                             (ABITACOLO商品説明より引用)

1階店舗の様子↓

フルスクリーンにして動かしていただくと店内の様子が分かりやすいと思います。

カウンター6席となります。